歯を綺麗にしました!

こんにちは!

動物看護師の榎です。

 

私が飼ってる猫、ルルちゃんなんですが口臭が気になって来たので、歯を綺麗にすることにしました(^o^)
今日は歯を綺麗にする流れを説明したいと思います!

 
⚠️麻酔中の画像もありますので、苦手な方はご注意ください⚠️

 


ルルちゃん8歳です(*゚▽゚*)

事前に健康診断の血液検査、尿検査などを済ませて、問題なく麻酔をかけられることを確認しています。

 

 

✳︎まず麻酔をかけて挿管します。


処置前の歯です。

見た目はそんなに酷くは見えませんが、歯周炎があり前歯が数本抜けてしまっています…(;_;)

 

 

✳︎プロービング


ポケットの深さを測ります。

ポケットが深いと、歯根がダメになってしまっている可能性があるので、歯科レントゲンを撮ります。

レントゲンを撮り、悪い歯があれば抜歯する事になります。

 

ルルちゃんのポケットの深さは問題なかったので、次の処置に移ります。

 
✳︎スケーリング

歯石や歯垢を除去します。

 

 

✳︎染色

↑染色前

↑染色後

 

汚れの落とし残しがないかをチェックします。

少しピンクく残っているのが汚れの残りです。

 

 

✳︎ポリッシング

↑荒めのペースト+ブラシ

↑細かいペースト+ラバーカップ

 

歯を研磨して、今後汚れが付着しにくくなる様にします。

歯がつるつるになります♩

 

 

✳︎終了ー!

 

 

歯がピカピカになりました!!

 

麻酔からも無事に覚めました〜

今は、においもなくなり、快適に過ごしています♩

今後は歯ブラシを頑張っていきたいと思います(^^*)

 

歯周炎が酷くなると、口臭がするだけではなく

膿がたまって顔が腫れてしまったり、体調が悪くなってしまう子も多いです。

酷くなる前に歯ブラシ!

そして定期的なクリーニングが1番の予防になります。

歯ブラシの指導等も行っておりますので、興味がある方はご相談下さい!

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。