ブログ

サイト管理人のブログです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧

気管虚脱の手術 PLLP法

最近このブログやホームページを見ていただいて来院される方が多くなりPLLPを知っていただける機会が増えできました。先週あり、2日前もかかりつけの病院で呼吸困難で入院されていて急遽オペになった症例も後日報告させてもらいます。

簡単にPLLP法について説明しようかと思い今書いています。PLLP法は私の師匠であるアトム動物病院(東京 板橋区)の院長先生が考案された方法になります。コンタクトレンズに使用する材料をparallel Loopに形成した物を潰れた気管の外に装着させて気管軟骨から背側にある気管膜性壁まで沢山縫い広げる方法です。このPLLPが作り上げるのかすごく難しいのですが米澤先生の物を見せてもらって手術を何度も見る事で凄く考えられて作られているものかわかりました。米澤先生も自分も同様にPLLPは機能的で美しい物を目指して作成し、かつ手術も美しく終わる事を目標としています。

自分が用意しているPLLPは米澤先生と同じ13種類ありまた太さも0.75,0.1,1.25の3種で用意しています。小さいサイズは0.5mm刻みです。症例によって理想の気管サイズは異なりますので常に各サイズ用意するようにしています。これらは師匠を見てどんな症例が来ても対応する事を見習って行っています。

適応症例か否かは複数枚レントゲンを撮らなくてはいけなく咳がひどい、呼吸困難で来ても手術適応外やそもそも気管虚脱では無いことも多々あります。気管虚脱で悩まれている方は一度診察させてもらいたいと思います。一頭でも呼吸が苦しい、咳で苦しんでいる子を救えるよう日々精進してまいります。

新しい骨折治療法、橈尺骨遠位骨折におけるフロートプレート法

本院では整形外科にも力を入れており骨折治療も多種やっているのですが新しいプレート法を実践していますので紹介します。

従来骨折の治療としてのプレート固定は強度に骨同士を固定して治す直接治癒を狙って行っていたのですが強度が強すぎて骨が痩せてしまったりプレートが折れてしまったりとトラブルも多く現在では本来の治癒である生物学的治癒を目的としたプレート法が支流となってきています。その中で強固なプレートを逆手にとって骨萎縮を出しづらくして生物的に治して尚且つプレート除去もしやすい方法がフロートプレート法です。全ての症例に適応するわけではないですが骨折が最も多い橈尺骨遠位骨折が適応することが多いです。まずは模型で説明します。

一見すると普通のプレート法ですが2枚目の横からの写真を見るとプレートが浮いています。これが1番のポイントです。プレートが浮く事で骨の下に血行が良くなり骨の再生が活発化し浮かす事で強度を減らして骨折端の再生を促します。治癒が完了したならば浮いていますので簡単にプレートは除去出来ますしスクリューを徐々に減らす必要もなく一気に全て取り除けます。実際の症例を下に紹介します。

橈尺骨遠位横骨折です。良く折れる場所です。この症例にフロートプレート法を実施しました。

尺骨は粉砕骨折していたのでこれ以上整復出来ませんでしたが手術は上手くいきました。プレートが少し浮いているのがわかるでしょうか、これがこの方法のポイントです。この症例は治癒過程も含めて報告していきたいと思います。

16歳の重度気管虚脱

かなり高齢の気管虚脱の症例を紹介します。この子は長年に渡り気管虚脱と診断されて色々薬を飲んでいたそうです。ステロイドも長く飲んでいたみたいで全く咳や呼吸困難がコントロール出来なくなりこれ以上対処出来ないと言われて本院に来てくれた子です。この子は気管虚脱以外にも喉頭の動きが悪くなってもいました。手術適応出来ない胸部の気管まで重度に虚脱し、軽度に気管支も虚脱がありそうでした。頸部気管だけでも拡張するだけで胸部気管も広がる可能性も高いのでオペになりました。

臨時休診日のお知らせ

本年度は水曜日休診と火曜日の午後3時までの診察となっております。改めてよろしくお願いします。

今月9月ですが9/19(日曜日)ですが午後から休診となります。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

また、コロナワクチン接種による体調不良があれば臨時休診する場合もあります。9月中旬と10月上旬に接種予定です。その場合はご了承下さい。

よろしくお願いします。

エキゾチックアニマル用の血液検査機器再導入しました

以前も導入していたVet Scanという血液検査機器ですが特徴としてはものすごく少ない血液量で計測できます。身体の小さいエキゾチックアニマルには最適です。昔のバージョンを使用していましたが使用出来なくなり他の機器を使用していました。また最近新型を導入しました。これでより身体の小さいウサギやモルモットなどのエキゾチックアニマルや状態が悪く採血量が少ない犬や猫ちゃんにも対応しやすくなりました😊